気分と行動――気分と自身を切り離して

 人の行動は気分を動かし、精神に刺激を与える。運動をすれば清々しい気分になるし、勉強をすれば自尊心が芽生える。大体の人がそうなんじゃないかな? 少なくとも、僕はそうだ。

 そして、気分もまた行動に影響を与える。元気な人は社会的な活動に、それ相応に身が入るというものだ。鬱な人は逆で、そういうのに積極的には参加しない。僕自身の感覚だが。

 前に、検査をさせられた。親が僕の発達障害を疑って、病院に連れられたんだ。やたら時間のかかる検査で、初診から二ヶ月ほど経ってようやく結果が出た。総合的に判断して、僕は発達障害ではないと診断された。先生曰く「しっかりとした受け答えもされるし、人と目を合わせながら話すことができる。テストの結果から見ても、発達障害ではないであろう」とのこと。僕自身も、自分が発達障害であるなんて微塵も思ったことはないし、当然だと思った。

 ただ、同時に受けた別のもので、ある種性格診断のような検査があったのだが、これに対するアドバイスが、確かになあと感じた。

「気分に左右されず、決めたことをやること。気分が自身を表していると考えないこと。時折湧く『ダメな気分』こそが戦うべき相手と考えること」

 僕は気分の動きが激しい。鬱なときは死にたいだとか、どうせダメだ、自分はダメだなんて考えるくせに、良い気分のときは、努力した先にある輝かしい未来のことばかり考える。先生はそこを見抜いて、だからこそ、気分と自身を切り離して行動するよう僕に言ったのだろう。

 そうすべきだと納得し、そうしようとも思ったが、結局のところ実現していない。努力はするが、相変わらず、僕は気分に左右されっぱなしだ。気分こそが戦う相手。そう言い聞かせて、少しずつ変えることができたら嬉しいのだが。

 

 ところで、記事を書こうとするとき、なんとなく後ろめたさがある。このブログを開設したときの感情、記事を書いていたときの気持ちが思い出されるから。僕の脳内で「記事を書く」という行動と「鬱」な感情がリンクしているからだと思う。

 僕はいま、死にたいとは思っていない。大きく僕の中で蔓延っていた希死念慮が、今はすっかりしぼんでいる。だから、これは精神衛生的に良くないことだ。自分の中での「ブログ=鬱」というイメージを払拭して、書くことが楽しいように、毒素を吐いてるようなイメージを持っていきたい。気分の良いとき、自分のブログのタイトルを見た瞬間にたちまち気分が底まで落とされるようなら、ブログなんてやめた方がいいんだと思う。