これまでのこと。勉強しつつ

  僕は勉強が嫌いではないほうだ。学校に行っていたときも、体育や美術なんかはてんでやる気の出るものではなかったけれど、椅子に座って黒板に向かう座学は不思議と苦にはならなかった。

 家にいると、誘惑が多い。あと、机の上が散らかっていてげんなりする。ので、集中したいときにはカフェとかファミレスに行って参考書を開いたりしている。ざわざわしてて静かな環境では無いんだけど、これがまた不思議と集中力に繋がるんだよね。イヤホンを繋げて音楽を聴きながらの勉強も楽しい。

 

 中学生の頃の僕は殆ど学校には行っていなかった。週一でカウンセラーの先生のところに通っていただけだ。僕は小学生の5,6年生辺りから中学3年生までの約5年間、不登校だったのだ。

 教養が身についていないどころの話ではなかった。常識を知らない。地理を知らない。例えば、自分が住んでいる千葉県と隣の東京都、あとは北海道と沖縄くらいしか都道府県の場所を知らない。平成以外の元号をもちろん知らないし、世界にはロンドンという国があると思っていた。

 義務教育とは偉大だ。いまになって、そう思う。あと、後悔。いじめにあっていたわけでもない。ただ単に、風邪で数日学校を休んだときに味を占めて、ちょっと仮病して、それがずるずると5年間続いたのだ。間違いなく悪いのは自分。だけど、もしあの時学校に行っていれば。部活をして、友達と遊んで、そんな青春を送っていたのなら、今とこれからの未来は随分と変わっていたような気がして、無性に悔しさを感じる。

 高校に入ってからは学校も休まず、しっかりと勉強には励んだつもりだけれど、こんどは友達と遊んだり恋愛したりするのが楽しくて、身が入らないことも多かった。結局入ったのは偏差値40代後半程度の平凡なありふれた大学。その大学も結局辞めることになるけど、それは自分で決めたことだ。

 

 流行りの人工知能にも手を出してみたくて、近頃は数学の勉強に手を付けている。中学数学からはじめ、いまは高校数学Ⅰに入ったところだ。要求されるレベルにはまだまだ届かないけれど、着実に基礎固めを進めていきたい。