自分の殻から抜け出して

 最近、自分がいま何をすればいいのかがわからない。

 やってみたいことはある。でも、どれに手をつけるにしても常に心の中では漠然とした不安が漂っている。それが原因で楽しむべきものも楽しめない。一時的に湧いたモチベーションもネガティブな思考が邪魔をする。

 鬱々とした日々を送っているわけではない。ただ、なにか行動を起こそうと気張るときに、現状のダラダラとした何の意義もない生活を嫌でも好んでいる自分に気付く。こうしているうちは身を守れているからだ。正確に言えば、親に守ってもらっているということだが。

 本を読んでも、映画を見ても、これが自分にとって何の役に立つのかと考える。つまり、いまの状況を打破する何の役に立つのかと。教養書を読んだって、いまの自分にとってはただの知識の一つに過ぎず、その知識を面白いとは思うけれども、何よりも私のなかでは最重要の目標として現状打破が掲げられている以上、身に入らない。というか、もうあまり読む気もしない。

 ならさっさと働くなりすればいい、と言われるかもしれない。自分でもそう思う。だけれど、そこで先述したとおり自室から社会へ出ることへの恐れが勝り、私をベッドへ押しやっている。

 たぶん、一歩踏み込む自信を身につける必要がある。でも、どうやってもそれがなかなか難しいんだよな~